兵庫県加古川市の税理士事務所『木築税理士事務所』相続税チーム

兵庫県加古川市の税理士事務所『木築税理士事務所』

相続税チーム

木築税理士事務所
この三人が担当します!
片山 敏彦

登録番号124965

平成17年6月 登録
平成25年9月 開業

国税局、税務署での34年間で担当した相続税調査件数は、700件以上。国税局資料調査課では関西の著名人や超富裕層の税務調査の経験を持つ。

お客様の申告に際しましては、税務署がチェックするポイントに留意しながら、調査対象に選定されない申告書の作成を目指します。

税務調査においては、税務当局と納税者の相互の立場を知ることから、早期にかつウインウインの処理を目指します。

岡本 典之

登録番号  119070

平成23年8月 登録

大学卒業後、地元である加古川の税理士事務所に長年勤務後、平成23年に税理士登録をしました。
主に資産税(相続・贈与・譲渡)を担当していましたが、法人・所得も長年の実務経験があり、総合的な税務アドバイスができます。

また、申告業務の打合せ等において、堅苦しくなく、わかり易い説明を心掛けています。


木築 孝伸

登録番号 95883

平成14年9月 登録、開業

税務署で23年間勤務、法人税、資産税、総務課を経験し、外に対しては調査事務を内に対して総務事務を担当し、税務署の表裏を経験。

二代目木築事務所を名乗ってますが、顧問先0件からスタートし、現在は100件超の顧問先に縁(えにし)を結ばせてもらってます。

開業3年目ぐらいまでは、顧問先の奥さんから「いつまで、税務職員の目をしてん
の?」と言われましたが、今は「にこやかな目になったね」との言葉を頂戴しております。